カタルーニャ農家に嫁いだあっぱれ小僧


スペインカタルーニャでのあっぱれ小僧の観察日誌。あっぱれ小僧が観察しているカタルーニャをKen Officeがご案内しています(旅行、通訳・翻訳、文化交流など)。        tessin@ken-sano.com
by TessinS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ここをクリックして頂くと応援になります。
人気ブログランキングへ

カタルーニャに興味がある人は、こちら。
Ken Office S.L.のサイトへ

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

Cadi通り17番地 3

ここカタルーニャにはそういう考えを持った奴がけっこういるんだ。例えば100年位たっても、少しづつ直していったりするんだな、例のSagrada Familia(サグラダ・ファミリア=ガウディの有名な作品)もその1つに入ると思うな。まあ、そういう質のものは、でき上がらないところがいいとこrなんだけどさっ。そういうゆっくりした習慣は、ここカタルーニャにはないとはいえないね。
で、反対側の15番地の方は森があってね、国有林なんだ。この森がけっこういいんだよ。朝になると鳥の鳴き声で目覚めることができるし、 ――それは日曜日に限るんだけどね。なぜかっていうと、学校がある日っていうのは、何か起きにくくてね、そんな鳥の鳴き声を聞いても起きられないで、遅刻しちゃうことがしばしばあるんだ。ぼくの場合っていうのは面白いもんで、何かをやらなきゃいけないときは、朝起きられないで、何にもやらなくていい時は、やけに早く、あさの5時位には起きちまうんだな。ひでえもんだよ。ぼくが5~6歳の頃なんか、腹がへったからって、朝の5時に起きて一人でパンをムシャムシャ食ってたっていうこともあったんだ。参るよね―― 夜中でも、勉強かなにかをしてる時に鳥の鳴き声が聞こえるんだ。カタルーニャ人と同じで、けっこうトボケたところがあるんだ、この鳥たちって。
そして、通りの向こう側の家の真ん前には、ドリフターズのようなバンドのシンセサイザーをひくおっちゃんがいるんだ。Solsonaのグループ、ボルカンス(火山) ――参るよ、こんな名前は―― とかいうチンケなバンドでひいているんだ。けどそんなグループでもけっこうSolsonaでは人気があるんだ。なぜかっていうと、そういうグループっていうのは夏の間、毎土曜日の夜に、あるホールでダンス会みたいなのをやるからなんだ。初めてジュアン ――ああ、奴さんはジュアンって言うんだ―― がボルカンスでひいているっていった時はびっくりしたけど、ボルカンスのポスター ――グループ全体のポスターを町中に宣伝のためにはりまくってんだ―― をよくよく見ると右の上の端じっこに、チャッカリでてんだよ。あの時はけっこうぶったまげたよ。だって君、考えてもみなよ、毎朝見てる顔がだよ、 ――学校へ行く時に、会いたいと思ってもいない顔にあっちまうんだな―― あるポスターに出てたりなんかすると、自分はCity Boyと思っていたもんだよ、びっくりするもんだよ、君、本当に。

Cadi通り17番地がどんな所かわかってくれたと思うけど、けっこう面白くて、いい所だと思わないかい? まあ、ぼくはそんな所に現在住んでいるんだ。ぼくが物事について考える基準点と思ってくれればうれしいよ。

Cadi通り17番地、終了しましたよ、ポチ。
人気ブログランキングへ
[PR]
by tessins | 2009-06-11 16:44 | 16歳の時の日記
<< バルセロナ空港T1オープン Cadi通り17番地 2 >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧