カタルーニャ農家に嫁いだあっぱれ小僧


スペインカタルーニャでのあっぱれ小僧の観察日誌。あっぱれ小僧が観察しているカタルーニャをKen Officeがご案内しています(旅行、通訳・翻訳、文化交流など)。        tessin@ken-sano.com
by TessinS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ここをクリックして頂くと応援になります。
人気ブログランキングへ

カタルーニャに興味がある人は、こちら。
Ken Office S.L.のサイトへ

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

Cadi通り17番地 1

お久しぶりです、16歳の時の日記から取り出した記事です、お楽しみに。

ぼくが今住んでしる“Cadi通り”なんだけど、名前の由来がさっ、けっこう“ナウイ”んだな、これが。Pirineus(ピレネー)山脈にあるCadi(カディ)山から名前をとったんだ。
誰が名前をつけたか知らないけど、多分この通りからそのCadi山が見えるからつけたんだと思うけど、バターの名前にもなってたりしてけっこう有名なんだ、この山。で、このCadi通りのある別荘地には、―― 一瞬、軽井沢の別荘に来た感じなんだけど、よくよく見るとけっこうひどいちがいがあるんだ。例えば道がきれいにほそうされていないとか、犬のフンがどこにもありやがるとか、、、まあそんなのが気にならなければ、こっちの方が自然のランクが上だから、ここにいてもいいけど―― やたらに山の名前を取った通りが多いんだな。コィユ・デ・ジョウ、とか、ペドラ・フォルカ、とか、カステリャー・デ・ラ・リベラなんて覚えるのに苦労したよ、まったく参るよ。でもけっこうナウイと思うよね、君も。
で、ここ17番地っていうのは、Cadi通りのちょうど真ん中あたりにあるんだ。君は17番ていうと家がすごく少ないように思うかもしれないけど、実はこの別荘地ではいろんな通りに全部で100軒位の家があるんだ。けっこう広い土地にそれぞれ適当にデザインしたのがポツンポツンて、まだ残ってる空き地 ――といってももともと“サン・ジュストの松”って言われてた場所だから松の木がたくさんはえてるんだよ―― の間に建っているんだ。
で、ふだんは30世帯しか住んでいないんだよ、でも夏になると人口が急に増えるんだよ。
なぜかっていうと、夏になるとpixa-pins(ピシャピン)つまりバルセロナの奴らがヴァカンスをしにくるんだからなんだ。
Pixa-pinsっていうのは、Solsonaの人たちがバルセロナの奴らを呼ぶ時に使う言葉で、もともとは“松の木にしょんべんをひっかける”っていう意味なんだ。バルセロナの奴らが、秋になるとピレネー山脈にキノコを取りに来るんだ。――この頃キノコ取りがバルセロナの町とかで、はやったレジャーになってきちゃったんだ―― でっ、そのついでに松の木にしょんべんをひっかけて行くというわけなんだ。なんせ山の中にはいきたくてもシャレたトイレなんてないからね。そういう風に、このバルセロナの奴らがけっこう行儀が悪くてね、食べかすや、ゴミなんかをキノコ取りに来たついでに捨てていっちまうんだ。それに、しょんべんだけじゃ足りず、大の方も何度となく見たな。まったく、いっつも町の奴らっていうのは自然をよごしていってくれんだな。ちょう、ありがたいと思うよ、本当に。でさっ、そういう奴らにかぎって、毒キノコを食って死ぬ奴が多いんだ、本当なんだ。毎年カタルーニャでは5~6人、多いと10人位死んじまうんだ。
まあ夏は、そういう人たちが集まって来てにぎやかになるんだよ、ここも。でも家のまわりは1年中にぎやかなんだけどね。家のまわりは住んでる人が案外多いんだ。

続く。

あっぱれ小僧ちょっとムラがあるぞ、と思う人はポチ。反省します。
人気ブログランキングへ
[PR]
by tessins | 2009-06-04 15:50 | 16歳の時の日記
<< Cadi通り17番地 2 Caminada Popula... >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧