カタルーニャ農家に嫁いだあっぱれ小僧


スペインカタルーニャでのあっぱれ小僧の観察日誌。あっぱれ小僧が観察しているカタルーニャをKen Officeがご案内しています(旅行、通訳・翻訳、文化交流など)。        tessin@ken-sano.com
by TessinS
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ここをクリックして頂くと応援になります。
人気ブログランキングへ

カタルーニャに興味がある人は、こちら。
Ken Office S.L.のサイトへ

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

ケータリング

知り合いのウリオールはケータリングの会社を経営している。そしてたまにKen Officeにコラボレーションを頼んでくる。普通のケータリングに日本食という変化球を付けると、お客も喜ぶのだ。Ken Officeも食を一つの文化と考え、カタルーニャで日本食文化を伝えていこうと、ケータリングだけではなく今後のプロジェクトも考えている。
b0144985_17554273.jpg

今回は、カタルーニャラジオ(カタルーニャ国立放送)で放送しているプログラム”L’ofici de viure”が賞を受賞したので、プログラムに関連するスタッフの祝賀会だった。祝賀会が行われたのは、Amigó通りにあるバルセロナでも流行の店。
b0144985_17564326.jpg

今回Ken Officeが頼まれた内容は、お寿司がメイン。場合によっては、焼きそばなども頼まれたりする。
カタルーニャでは、日本食ブームで色々詳しい人達が増えている。それもカタルーニャラジオといえば、流行の最先端を行く人達、日本食に詳しいのもあたりまえだ。カタルーニャ人は普通ワサビは、苦手なので、お寿司のわきに置いておいたのだが、今回参加した人達はワサビをどっぷり付けていた。
そして、日本人の我々に「一番好きな寿司って何?」と聞いていた。
「僕はウニが好きかな」と答えると「何で今日は出さないの」と。
b0144985_17572133.jpg

ケータリングとなると、その場で作ったりもするので食べる人とのダイレクトなコムニケーションがとれて、面白い。
「お寿司を自宅で作ったんだけど、どうも、上手くいかないんだよな」とか「美味しい! バルセロナに店出してるの? 絶対に行くから」とか。
b0144985_17593981.jpg

ケータリングのスタッフなども、「全部売り切れる前に一皿分キープしておいて」と大好評だった。

ちなみに、お寿司を握ったのは、僕ではなくJoviat料理学校、日本割烹料理で鍛えた和子さん(母)でした。
Felicitats!!!!

昨日の天気は、ポチポチ雨でした。
人気ブログランキングへ
[PR]
by tessins | 2009-05-15 18:00 | マイジョブ
<< Fira St. Isidre Euromillonesが当た... >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧