カタルーニャ農家に嫁いだあっぱれ小僧


スペインカタルーニャでのあっぱれ小僧の観察日誌。あっぱれ小僧が観察しているカタルーニャをKen Officeがご案内しています(旅行、通訳・翻訳、文化交流など)。        tessin@ken-sano.com
by TessinS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ここをクリックして頂くと応援になります。
人気ブログランキングへ

カタルーニャに興味がある人は、こちら。
Ken Office S.L.のサイトへ

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

サン・ジョルディ

4月23日は、サン・ジョルディの日、カタルーニャで一番バラと本が売れる日だ。サン・ジョルディの伝説は、中世の時代から語り継がれている。
竜がお姫様を連れさり、村の人達はどうしようかと困っていた。そこにサン・ジョルディという騎士が現れ、竜退治に行った。白熱の戦い、最終的にはサン・ジョルディが竜をサーベルで切る。今まで村の人達を悩ませていた竜を退治したのだ。竜の首から流れ出る血がバラとなり、サン・ジョルディがバラをお姫様にプレゼントするという伝説だ。
b0144985_181123.jpg

この伝説をもとに、カタルーニャの守護神がサン・ジョルディ。カタルーニャには、ジョルディという名前の人がたくさんいる(僕の友達の中にも4人、5人はいるかな)。また、4月23日は、恋人達の日、つまり男性が女性にバラをプレゼント、そして女性が男性に本をプレゼントする日になったのだ(ちょうど4月23日は、ドン・キホーテを書いた、セルバンテスとシェイクスピアが同じ日に亡くなっているので、本の日となった)。
バルセロナで有名なガウディの作品の一つカザ・バトリョのモチーフもサン・ジョルディの伝説にもとずいているという説もある。煙突がサン・ジョルディが突き刺すサーベルを表し、屋根のタイルが竜のうろこを表している。
b0144985_1814991.jpg

サン・ジョルディの日になると、街中に花やさんや社会福祉施設(バラの売り上げをチャリティーにする)などが出店を出し、1日中バラを売る。この日、カタルーニャ全体で、550万本のバラが販売される。色々な種類のバラも出てきている、とげのないバラや、多色なバラなどが開発されている。
本もこの日が一番売り上げ成績がいいので、作家達も街中に出て、サイン会などでマーケティング。僕の親父も数年前にカタラン語と日本語の本を出版したのだが、サン・ジョルディの日サインをしすぎて手首が腱鞘炎になってしまったのだ
Les Quatre Estacions-カタルーニャの四季 Grata Lectura出版社

b0144985_1822793.jpg

Feliç dia de St. Jordi!!


ポチポチ竜退治に行きましょうか。
人気ブログランキングへ
[PR]
by tessins | 2009-04-23 18:02 | カタルーニャニュース
<< Bimbo-スペインの食パン També en català >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧