カタルーニャ農家に嫁いだあっぱれ小僧


スペインカタルーニャでのあっぱれ小僧の観察日誌。あっぱれ小僧が観察しているカタルーニャをKen Officeがご案内しています(旅行、通訳・翻訳、文化交流など)。        tessin@ken-sano.com
by TessinS
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ここをクリックして頂くと応援になります。
人気ブログランキングへ

カタルーニャに興味がある人は、こちら。
Ken Office S.L.のサイトへ

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カーザ・シレーラのクリスマスランチ

25日クリスマスの日の昼食は、家族全員カーザ・シレーラに集合。毎年のように、2時から昼食が開始。といっても、2時集合、本格的に始まるのは2時半頃なのだが。
今日の昼食メニューは、まずピカピカ(前菜のバリエーション)
エビ、ムール貝、「海のかたつむり」といわれる巻貝の一種、ガリシア風タコ、ローザ特性のオードブルの盛り合わせ、これを作るお手伝いをした。薄切り食パンにハムとバターを巻きつけ、丸まったものに砂糖をかけ、熱したこてで「ジュッ」と焼くのだが、ケムリもうもうで大変だった。一回ローザにこげ具合を確認したが、不合格だったので、もう一度やり直し。苦労の甲斐があったのか、結構評判がよかった。
b0144985_2001630.jpg

その後は、エスクデーリャというカタルーニャの典型的なスープ。肉骨と野菜をベースに何時間もぐつぐつ煮て、ガレットというパスタを茹でて出来上がり。カタルーニャのパジェスでは、クリスマスと言うとエスクデーリャ。今回は、特別クリスマスプレゼントが入っていた。といううのも、料理の準備をしている時に、ローザは焦っていたのか、片手ではオードブルの用意、もう一つの手では、エスクデーリャをかき混ぜていた。そして、オードブルに乗っていたアンチョビが、エスクデーリャの中に落ちてしまったのだ。スープを配りアンチョビが当たった人には、「クリスマスプレゼントだよ」という事で、了解をした。アンチョビを取り出しても良かったのだが、スープ5リットルその上に、ガレットパスタの中に入ってしまったアンチョビ君、見つける事は不可能だったのだ。
b0144985_2004211.jpg

ここで、口直しという事で、お袋特性パイナップルシャーベット。

この後にメインの鳥丸焼きが出るのだ。はっきり言ってこの時点でお腹一杯になるのだが、1日唯一の食事なので頑張る(朝食と夕食抜き)。鳥丸焼きの腹の中には、色々な物が詰まっている。ブティファーラ(ソーセージ)、豚の三枚肉、松の実、プルーン、アプリコットなど。
b0144985_201565.jpg

弟のシオンが鶏肉を切っている。

そして、デザート。今回のデザートは、ローザ特性チョコレート・ケーキにイタリア製のパネトーネ。カタルーニャでは、デザートでカバ(スパークリングワイン)をあけ、乾杯、「チンチン」。グラスとグラスがかちんとなる事を「チンチン」と言うそうだ。カタルーニャの人に、日本語の意味を説明すると受ける。
b0144985_2013567.jpg

カーザ・シレーラから見えた夕焼け。

デザートの後には、恒例のカードゲームが始まり、長々と夜の7時、8時まで続くのだ。
今年もついつい食べ過ぎてしまったのだ。
[PR]
by tessins | 2008-12-30 20:12 | カタルーニャの生活
<< 経済危機 Bones festes >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧